政庁跡・観世コース

  1. ホーム
  2. 太宰府を巡る
  3. 政庁跡・観世コース

華やかな古代大宰府の中心地を巡るコース
所用時間:3〜4時間

古代、大陸との交流拠点、九州の中心地だった大宰府。
華やかな大陸文化の香る隆盛の日々をしのぶことのできるコースです。
南に足を延ばせば、道真公ゆかりのスポットも!

map

徒歩
4分

❶金掛天神

昔、食べ物に困っている人を助けた親切な米屋の主人がいました。今度は自分が食べ物に困ってしまった時、天神様が黄金の入った袋を庭の梅の木に掛けて助けてくれました。梅の木は「金掛けの梅」と呼ばれ、天神様は「金掛天神」と呼ばれるようになりました。

金掛天神

金掛天神

徒歩
7分

❷朝日地蔵

横岳山崇福寺を創建した禅僧・湛慧のお墓と伝えられます(崇福寺は江戸時代、黒田藩により博多に再建され菩提寺となった寺)。鎌倉時代、毎年1月7日、通りかかった人を鬼として退治する「鬼すべ」の行事に巻き込まれた湛慧は鬼に仕立てられ、散々な目に。屈辱のあまり湛慧は、この地で読経しながら息絶えたと伝えられます。

朝日地蔵

朝日地蔵

徒歩
5分

❸日吉神社

史跡が集まる観世音寺区の守り神です。16世紀末、島津氏を破り九州を平定した豊臣秀吉がこの神社に陣を張ったといわれます。

日吉神社

日吉神社

徒歩
4分

❹弘法水

観世音寺の裏手に湧いています。『源氏物語』の「玉蔓巻」にも登場しており、1000年以上も湧き続ける清水です。

弘法水

弘法水

徒歩
4分

❺武藤資頼・資能の墓

鎌倉時代の武将、武藤資頼は源頼朝に命じられ九州統治のトップとなりました。その子の資能は2度の元寇の際に出陣し、勇猛な戦いぶりだったと伝えられます。

武藤資頼・資能の墓

徒歩
6分

❻月山

大宰府政庁跡から東南(十二支で辰)の方角にある丘。「辰山(ときやま)」とも言われます。かつてここに漏刻(水時計)が設置され、鐘と太鼓で時を告げていたとされます。

月山

月山

徒歩
9分

❼玄清法印の墓

玄清法印は、琵琶を弾き祈ることで毒蛇を退治したり天然痘を治したり数々の奇跡をなしたという伝説の盲目の僧侶。琵琶は荒神琵琶・玄清法流として今に伝えられます。

玄清法印の墓

玄清法印の墓

徒歩
2分

❽坂本八幡宮

四王寺山の南麓、観世音寺の北西部に広がる坂本地区の氏神様。この神社が建っているところに大和朝廷時代、大宰帥(大宰府の長官)の屋敷があったといわれています。

坂本八幡宮

坂本八幡宮

徒歩
9分

❾大宰府政庁跡

奈良・平安時代、太宰府市には中央政権(大和朝廷~古代日本)の地方最大の行政機関「大宰府」がありました。九州を統括し、大陸との交渉窓口となり、西の防衛の拠点でもある九州の都ともいうべき場所です。広大な政庁跡が、今もその隆盛ぶりを物語ります。政庁跡の東にある大宰府展示館では、大宰府の歴史や遺跡について詳しく説明をしてもらえます。

大宰府政庁跡

大宰府政庁跡

徒歩
8分

❿史跡大宰府学校院跡

大宰府の官人養成機関「学校院」の跡。各地の長官や役人の子弟たちが将来のエリート官僚を目指してここで学んでいました。

史跡大宰府学校院跡

史跡大宰府学校院跡

徒歩
4分

⓫戒壇院

「戒壇」とは、出家する人に戒律を授ける儀式が行われる場所。もとは観世音寺区域内に建立された「日本三戒壇」の一つ。座禅体験もできます。

戒壇院

戒壇院

徒歩
2分

⓬観世音寺

天智天皇が、母・斉明天皇の冥福を祈るため建立を命じた名刹。奈良時代にはその名を知られていました。日本最古の梵鐘は有名で、大晦日には人数限定で鐘つきもできます。
★平安時代~鎌倉時代の重要文化財の仏像が数多く収蔵展示された収蔵庫も必見です。

観世音寺

観世音寺

map

徒歩
12分

西鉄二日市駅

一緒に寄りたい!ルートの途中にある注目店舗!

そば処 一耕

石臼で自家製粉した国産そば粉の手打ち十割そば

店舗ページはこちら

カフェ観音

お豆とコーヒーにこだわった北欧×和空間カフェ

店舗ページはこちら

揚げたて天ぷら はまだ

梅の塩気がほんのりきいた心と体に優しい梅粥

店舗ページはこちら

三十三茶屋

政庁前☆奥八女星野茶の販売と和喫茶軽食・茶の湯体験

店舗ページはこちら

ページトップに戻る

©だざいふ・なび All rights reserved.