ピックアップニュース&イベント

  1. ホーム
  2. ピックアップニュース&イベント一覧
  3. 【中止が発表されました】2020/2/22 新元号「令和」の考案者とされる中西進先生講演会及び梅花の宴開催 【とびうめアリーナ/坂本八幡宮】
【中止が発表されました】2020/2/22  新元号「令和」の考案者とされる中西進先生講演会及び梅花の宴開催 【とびうめアリーナ/坂本八幡宮】

EVENTS

【中止が発表されました】2020/2/22 新元号「令和」の考案者とされる中西進先生講演会及び梅花の宴開催 【とびうめアリーナ/坂本八幡宮】

【2月20日追記】
講演会及び、梅花の宴の両方の中止が太宰府市から発表されました。

以下、太宰府市のサイトで発表された楠田市長のコメントを転載します。

累次の新型コロナウイルス対策本部会議での議論や20日福岡県内でも感染者が確認されましたことから、太宰府市民を始め参加者の皆様、そして何より中西進先生のお身体を第一に考え、苦渋の決断により22日23日に開催予定でありました初春令月イベントを中止することと致しました。
これまで準備を重ねて来て頂いた実行委員会の皆様を始め関係者の皆様やイベントを楽しみにして頂いておりました皆様には大変ご心配ご迷惑をお掛け致しますが、今回の決定にご理解を頂きますようよろしくお願い申し上げます。
なお、今後につきましては中西進先生並びに実行委員会の皆様などにご相談の上、方針が決まり次第ご連絡させて頂きます。
並びに人権まつりだざいふ2020につきましても、中止とさせていただきます。

太宰府市長 楠田大蔵


中西進先生(高志の国 文学館館長)は『万葉集』研究の第一人者であり、2004年に文化功労者に選出され、また2013年には文化勲章受賞をされている方。太宰府との関係で言えば、今回新元号として採用された「令和」の考案者ともされている方でもあることは、報道等ですでにご存じの方も多いのではないでしょうか。

その中西進先生を、かつてその典拠となった『万葉集』の序文が書かれるきっかけとなった大伴旅人主催の「梅花の宴」が開かれたとされる坂本八幡宮~大宰府政庁跡にもほど近い、とびうめアリーナにお招きし、直接お話を聞けるまたとない機会となります。

とびうめアリーナ(太宰府市大字向佐野21番地2)は、「令和の里」との副駅名が付けられたことでも話題の西鉄都府楼前駅から徒歩10分。参加費無料、申込不要となっています。

【1月28日追記】
講演の翌日の2月23日(日)午前11時から、 坂本八幡宮拝殿にて中西先生もお迎えしての「梅花の宴」の再現イベントが行われます(雨天決行/荒天中止)。

こちらのイベントへの参加者募集は、太宰府市のサイトのこちらでなされております。
http://www.city.dazaifu.lg.jp/admin/topics/16135.html
申込み締切りは2月7日(金)午後5時ということです。

開催日程 2020/2/22(土)午後2時~(講演会)、2/23(日)午前11時~(梅花の宴)
会場 とびうめアリーナ(太宰府市総合体育館)
料金 無料
主催 中西進先生をお迎えする初春令月実行委員会
お問い合わせ 太宰府市総務部経営企画課:092-921-2121(内線548)

ページトップに戻る

©だざいふ・なび All rights reserved.