だざいふなびとは

1350年の古都・太宰府、「今日の太宰府」探してね!

- 古都だから、見どころがいっぱい -

太宰府といえば、何を思い浮かべますか?
学問の神様 菅原道真公・太宰府天満宮? 梅ヶ枝餅? それとも梅の花、あるいは九州国立博物館でしょうか。
太宰府は、1350年もの歴史があり、都にも名前を知られた古代都市でした。
古代の役所跡・大宰府政庁跡、かの『源氏物語』にも登場する観世音寺、
古代日本を守るため築かれた水城…国の特別史跡や重要文化財が
市内のあちこちに点在しています。

太宰府の歴史・文化を見て、味わって、体験できる魅力的なモノ・コト

「だざいふ・なび」は、太宰府の魅力をまるごと紹介したい!と立ち上げたサイトです。
太宰府には、1350年の古都を感じさせる催しや、太宰府のシンボル梅のスイーツ・土産など、
太宰府の歴史と文化を、見て、味わって、体験して、持ち帰れる
魅力的なモノ・コトがいっぱいです。

「今日の太宰府ならでは」を探しているあなたにピッタリの情報満載

今太宰府に住んでいる人も、これから太宰府を訪れるという人も、
太宰府には何度も出かけてるけど天満宮と参道しか知らないという人も、
このサイトを見れば、奥深~い太宰府の魅力が分かってもらえると思います。
太宰府を十二分に楽しみたい!と期待しているあなた、
このサイトをみれば、きっと願いがかないます。

「だざいふ・なび」は、太宰府を、もっともっと楽しんでいただくためのサイトです。